文部科学大臣メッセージ

保護者や地域の皆様へ

 学校において、児童生徒等の学びを確保するための取組を進めることができておりますのは、保護者や地域の皆様に感染症対策の取組に御理解と御協力を賜っているからであり、心より感謝申し上げます。

 しかし、このような取組を徹底しても学校や家庭、社会において感染するリスクをゼロにすることはできません。誰もが感染する可能性があります。その上、新型コロナウイルス感染症には未だ解明されていない点があり、ワクチンも開発中であることから、この感染症に対する不安をお持ちの方が多いと思います。

 私たちは、この感染症と、この感染症がもたらした社会の変化に対して、現時点での科学的な知見や見解に基づいて、正しく向き合うことが必要です。私からは、保護者や地域の皆様に次の二点をお願いいたします。

 第一に、感染者に対する差別や偏見、誹謗中傷等を許さないということです。

 誰もが感染する可能性があるのですから、感染した児童生徒等や教職員、学校の対応を責めるのではなく、衛生管理を徹底し、更なる感染を防ぐことが大切です。

 そして、自分が差別等を行わないことだけでなく、「感染した個人や学校を特定して非難する」「感染者と同じ職場の人や、医療従事者などの家族が感染しているのではないかと疑い悪口を言う」など身の周りに差別等につながる発言や行動があったときには、それに同調せずに、「そんなことはやめよう」と声をあげていただきたい。人々の優しさはウイルスとの闘いの強い武器になります。

 感染を責める雰囲気が広がると、医療機関での受診が遅れたり、感染を隠したりすることにもつながりかねず、結局は地域での感染の拡大にもつながり得ます。その点からも差別等を防ぐことは必要なことです。

 第二に、学校における感染症対策と教育活動の両立に対する御理解と御協力です。

 感染症への対応が長期にわたることが想定される中、学校では、感染症対策を講じつつ学校教育ならではの学びを大事にしながら教育活動を進め、子供たちの健やかな学びを最大限保障するための取組を進めていただいているところです。また、大学についても、感染症対策の徹底と、対面による授業の検討も含めた学修機会の確保の両立をお願いしております。

 これからの予測困難な時代を生きていく児童生徒等や学生が、必要となる力を身に付けていくことができるよう、学校の教育活動の継続への御理解と御協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルスのみならず、感染症へ正しく対応するためには、最新の科学的な知見等を知ることが不可欠です。政府として、分かりやすい広報に努めているところですが、保護者や地域の皆様におかれても科学的な知見等を日々の生活に生かしていただきたいと思います。

                                  令和2年8月 文部科学大臣  萩生田  光一


 

9月・10月予定

9月
23(水) ハートフル学級
24(木) 新人体育大会市予選(陸上)
25(金) 第1回熊谷市中三実力テスト
29(火) 全校朝会

10月
 1(木) 新人体育大会予選会(~3日)
 5(月) 自転車点検
      午後練休養日 くまなびスクール
 6(火) 学年朝会
 9(金) ハートフル学級
12(月) 専門委員会
      午後練休養日 くまなびスクール
13(火) 生徒会朝会
15(木) 前期終業式 午後練休養日
16(金)~18日(日) 秋季休養日
19(月) 後期始業式 給食開始
      専門委員会 くまなびスクール
20(火) ハートフル学級
21(水) 体育祭
22(木) 3年GTECテスト
23(金) 熊谷市駅伝競走大会
26(月) 午後練休養日 くまなびスクール
27(火) 学年朝会 ハートフル学級
30(金) 江中祭
 
メニュー
新型コロナウイルス対応家庭学習学校紹介生徒会学校だより保健だより道徳通信ほほえみ便り給食だより献立予定表図書室だより家庭学習通信「志」栄光の記録修学旅行林間学校スキー林間農業体験学習江中祭体育祭学校研究課題家庭学習の手引きいじめ撲滅宣言新年度入学生
COUNTER730946H25.4.1~
COUNTER276473H30.4.1~
オンライン状況
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
平成28年度


1 期   日 平成28年7月7日(木)

2 場   所 埼玉県立総合教育センター江南支所

3 実施内容
  稲作・園芸・飼育・緑化・バイオより午前・午後を通して2講座選択 

4 校長・学年主任・実行委員長の言葉

 農業体験に向けて     校長 宇野 総規
 埼玉県立総合教育センター江南支所の方々の御理解・御協力を得て、今年も本校1年生が農業体験を実施することができます。公務御多用の折、本校の伝統行事の一つとして長年に渡り機会と場所を提供してくださる江南支所の皆様には心より感謝申し上げます。
 さて農業体験の目的は、
 ①動植物とのふれあいを通して、自然を守ることと農業の大切さを理解する。
 ②食農教育の大切さを理解する。
 ③農作業の体験を通して、働くことの意味を理解する。
です。
 県内の高校生が農業実習するような充実した施設を使用させていただける機会は、今後もそれほど多くはないはずです。せっかくの機会ですので、稲作・園芸・飼育・緑化・バイオの体験学習を通して、是非、上記の目標を達成してください。
 最後に、暑さが予想されます。その暑さに上手に対応しながら作業をすることも農業体験の一部です。熱中症対策を忘れず、一日頑張り抜いてください。


 江南と農業と、そして私たち     学年主任 利根  鍛
 農業体験学習は、総合教育センターがこの江南にあり、そこで働く方々のご協力を頂いて、初めて実施できる行事です。このような施設が同じ地区内にあり、他ではできない貴重な体験をできることに感謝しましょう。
 農業は、私たちの衣・食・住と密接につながっていて、最も歴史の長い、そしてこれからも欠かすことのできない重要な産業です。作物・植物・動物、そして最新技術に触れ、働くことの意義を考える。そんな1日にしましょう。体験学習の中では、所員の方のお話を聞くのはもちろん、受け身・指示待ちではなく、仲間と協力して積極的に行動しましょう。


 豊かな自然を未来につなぐ ~The 農業を学ぼう~     実行委員長 池﨑 晴香
 今年度の農業体験のスローガンは「豊かな自然を未来につなぐ ~The 農業を学ぼう~」です。農業体験では、稲作・園芸・飼育・緑化・バイオの5つの体験コースに分かれて活動をします。施設をお借りして体験するので、感謝の気持ちを忘れず常に真剣に活動しましょう。また、施設の方にご指導していただいたときには、「ありがとうございます。」と大きな声で伝えましょう。そして農業体験を通して今後に役立つことをしっかり学んできましょう。みなさんの農業体験がよりよく実施できるよう、農業体験実行委員会がしっかりとリードしていきます。
 
5 思い出アルバム


6 思い出のしおり