熊谷市立江南中学校

熊谷市江南中央2丁目1番1号 ℡:048(536)1335 FAX048(536)1939


学校教育目標

自律 協調 貢献 「志高く、地域と共に未来を創生する江中生」

 

12月予定

 1(水) 全校朝会(人権集会)
    後期人権旬間(~10日)
 3(金) ハートフル学級閉級式
 6(月) 全校教育相談(三者面談)~14日
    くまなびスクール
 7(火) 全校朝会
13(月) くまなびスクール
14(火) 生徒会朝会
15(水) 午後練休養日
16(木) 新入学説明会 午後練休養日
20(月) 専門委員会 午後練休養日
    くまなびスクール
21(火) 学年朝会
23(木) 給食終了
24(金) 授業終了
    3年成績通知書配布
25(土) 冬休み(~1/7)

※今後の状況等により、変更となる場合があります。
 

学習用タブレット端末の約束5か条

タブレット端末は、学習のための文房具です。
家や学校で、大切に使います。お菓子を食べた手で触ったり、水にぬらしたりしないようにしてください。

1 時間を決めて、使います。
 あまり長い時間、画面を見つめないようにします。
 また、夜遅くに使わないようにします。
 使う前に、時間を決め、休憩をとりながら使います。

2 タブレット端末を、友達や周りの人に貸しません。
 タブレット端末は、熊谷市から借りているものです。
 誰かに貸したり、借りたりしません。

3 カメラは正しく使います。
 タブレット端末には、カメラ機能が付いています。
 人や物を撮影する時は、「撮ってもよいか」を必ず大人に確認しましょう。

4 注意して、インターネットを使います。
 インターネットには間違った情報もあります。
 ウイルスなどの危険もあります。
 ゲームや買い物、ソフトウェアのダウンロードなど、学習に関係のないページは開いてはいけません。

5 個人情報を大切にします。
 自分や友達、周りの人の写真、動画、名前、住所などは、大切な個人情報です。
 インターネットに出してはいけません。
 

ラグビータウン熊谷ポスター展「最優秀賞」

 
メニュー
新型コロナウイルス対応学校紹介生徒会学校だより保健だより道徳通信ほほえみ便り給食だより献立予定表図書室だより家庭学習通信「志」栄光の記録修学旅行林間学校スキー林間農業体験学習江中祭体育祭家庭学習の手引きいじめ撲滅宣言

 
 
COUNTER903791H25.4.1~
COUNTER100166R3.4.1~
オンライン状況
オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
平成28年度


1 期   日 平成28年7月7日(木)

2 場   所 埼玉県立総合教育センター江南支所

3 実施内容
  稲作・園芸・飼育・緑化・バイオより午前・午後を通して2講座選択 

4 校長・学年主任・実行委員長の言葉

 農業体験に向けて     校長 宇野 総規
 埼玉県立総合教育センター江南支所の方々の御理解・御協力を得て、今年も本校1年生が農業体験を実施することができます。公務御多用の折、本校の伝統行事の一つとして長年に渡り機会と場所を提供してくださる江南支所の皆様には心より感謝申し上げます。
 さて農業体験の目的は、
 ①動植物とのふれあいを通して、自然を守ることと農業の大切さを理解する。
 ②食農教育の大切さを理解する。
 ③農作業の体験を通して、働くことの意味を理解する。
です。
 県内の高校生が農業実習するような充実した施設を使用させていただける機会は、今後もそれほど多くはないはずです。せっかくの機会ですので、稲作・園芸・飼育・緑化・バイオの体験学習を通して、是非、上記の目標を達成してください。
 最後に、暑さが予想されます。その暑さに上手に対応しながら作業をすることも農業体験の一部です。熱中症対策を忘れず、一日頑張り抜いてください。


 江南と農業と、そして私たち     学年主任 利根  鍛
 農業体験学習は、総合教育センターがこの江南にあり、そこで働く方々のご協力を頂いて、初めて実施できる行事です。このような施設が同じ地区内にあり、他ではできない貴重な体験をできることに感謝しましょう。
 農業は、私たちの衣・食・住と密接につながっていて、最も歴史の長い、そしてこれからも欠かすことのできない重要な産業です。作物・植物・動物、そして最新技術に触れ、働くことの意義を考える。そんな1日にしましょう。体験学習の中では、所員の方のお話を聞くのはもちろん、受け身・指示待ちではなく、仲間と協力して積極的に行動しましょう。


 豊かな自然を未来につなぐ ~The 農業を学ぼう~     実行委員長 池﨑 晴香
 今年度の農業体験のスローガンは「豊かな自然を未来につなぐ ~The 農業を学ぼう~」です。農業体験では、稲作・園芸・飼育・緑化・バイオの5つの体験コースに分かれて活動をします。施設をお借りして体験するので、感謝の気持ちを忘れず常に真剣に活動しましょう。また、施設の方にご指導していただいたときには、「ありがとうございます。」と大きな声で伝えましょう。そして農業体験を通して今後に役立つことをしっかり学んできましょう。みなさんの農業体験がよりよく実施できるよう、農業体験実行委員会がしっかりとリードしていきます。
 
5 思い出アルバム


6 思い出のしおり