文部科学大臣メッセージ

保護者や地域の皆様へ

 学校において、児童生徒等の学びを確保するための取組を進めることができておりますのは、保護者や地域の皆様に感染症対策の取組に御理解と御協力を賜っているからであり、心より感謝申し上げます。

 しかし、このような取組を徹底しても学校や家庭、社会において感染するリスクをゼロにすることはできません。誰もが感染する可能性があります。その上、新型コロナウイルス感染症には未だ解明されていない点があり、ワクチンも開発中であることから、この感染症に対する不安をお持ちの方が多いと思います。

 私たちは、この感染症と、この感染症がもたらした社会の変化に対して、現時点での科学的な知見や見解に基づいて、正しく向き合うことが必要です。私からは、保護者や地域の皆様に次の二点をお願いいたします。

 第一に、感染者に対する差別や偏見、誹謗中傷等を許さないということです。

 誰もが感染する可能性があるのですから、感染した児童生徒等や教職員、学校の対応を責めるのではなく、衛生管理を徹底し、更なる感染を防ぐことが大切です。

 そして、自分が差別等を行わないことだけでなく、「感染した個人や学校を特定して非難する」「感染者と同じ職場の人や、医療従事者などの家族が感染しているのではないかと疑い悪口を言う」など身の周りに差別等につながる発言や行動があったときには、それに同調せずに、「そんなことはやめよう」と声をあげていただきたい。人々の優しさはウイルスとの闘いの強い武器になります。

 感染を責める雰囲気が広がると、医療機関での受診が遅れたり、感染を隠したりすることにもつながりかねず、結局は地域での感染の拡大にもつながり得ます。その点からも差別等を防ぐことは必要なことです。

 第二に、学校における感染症対策と教育活動の両立に対する御理解と御協力です。

 感染症への対応が長期にわたることが想定される中、学校では、感染症対策を講じつつ学校教育ならではの学びを大事にしながら教育活動を進め、子供たちの健やかな学びを最大限保障するための取組を進めていただいているところです。また、大学についても、感染症対策の徹底と、対面による授業の検討も含めた学修機会の確保の両立をお願いしております。

 これからの予測困難な時代を生きていく児童生徒等や学生が、必要となる力を身に付けていくことができるよう、学校の教育活動の継続への御理解と御協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルスのみならず、感染症へ正しく対応するためには、最新の科学的な知見等を知ることが不可欠です。政府として、分かりやすい広報に努めているところですが、保護者や地域の皆様におかれても科学的な知見等を日々の生活に生かしていただきたいと思います。

                                  令和2年8月 文部科学大臣  萩生田  光一


 

9月・10月予定

9月
25(金) 第1回熊谷市中三実力テスト
      新人体育大会市予選(陸上)
29(火) 全校朝会

10月
 1(木) 新人体育大会予選会(~3日)
 5(月) 自転車点検
      午後練休養日 くまなびスクール
 6(火) 学年朝会 ハートフル学級
 9(金) ハートフル学級
12(月) 専門委員会
      午後練休養日 くまなびスクール
13(火) 生徒会朝会
15(木) 前期終業式 午後練休養日
16(金)~18日(日) 秋季休養日
19(月) 後期始業式 給食開始
      専門委員会 くまなびスクール
20(火) ハートフル学級
21(水) 体育祭
22(木) 3年GTECテスト
23(金) 熊谷市駅伝競走大会
26(月) 午後練休養日 くまなびスクール
27(火) 学年朝会 ハートフル学級
30(金) 江中祭
 
メニュー
新型コロナウイルス対応家庭学習学校紹介生徒会学校だより保健だより道徳通信ほほえみ便り給食だより献立予定表図書室だより家庭学習通信「志」栄光の記録修学旅行林間学校スキー林間農業体験学習江中祭体育祭学校研究課題家庭学習の手引きいじめ撲滅宣言新年度入学生
COUNTER732938H25.4.1~
COUNTER278465H30.4.1~
オンライン状況
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
平成25年度

                                       

スローガン
動植物とふれ合い、命のありがたさ、自然の大切さを学ぼう!
  
1 期   日 平成25年7月12日(金)

2 場   所 埼玉県立総合教育センター江南支所

3 実施内容
  稲作・園芸・飼育・緑化・バイオより午前・午後を通して2講座選択 

4 校長・学年主任・実行委員長の言葉

 第1学年農業体験に向けて     校長 大河原 宏
 1年生で農業体験を行うのは江南中学校の独自の取り組みで、何年も続く伝統である行事です。この体験の目的は、
 ①動植物とのふれあいを通して、自然を守ることと農業の大切さを理解する。
 ②食農教育の大切さを理解する。
 ③農作業の体験を通して、働くことの意味を理解する。
となっています。今、日本の農業は後継者が少なく危機感を覚えています。そんななか、若い人の進出も見られるようになってきていますが、新規就業者は少ないのが現状です。しかし、江南中学校区には豊かな自然と肥沃な農地があり、県の「総合教育センター江南支所」も設置されています。また平成27年度には埼玉県立農業大学校が隣接施設として開校します。限られた学校しか体験できない充実した施設の中で、江南中の1年生が4グループに分かれ、稲作・園芸・飼育・緑化・バイオの一部分を体験し学習しますが、少しでも農業に対する興味・関心が高まればと願っています。暑さも予測されます。対応することも農業体験の一部です。健康に留意してがんばりましょう。


 チームワークの第一歩     学年主任 山崎 千晴
 これまで、実行委員を中心に農業体験学習の準備をがんばってきてくれました。実行委員のパワーはすばらしいものがあります。この「しおり」も実行委員が、わかりやすいものにしようと一生懸命作ってくれました。感謝します。私は、このはじめての校外学習である農業体験学習を通して、農業について知ることや働くことの意味を理解することはもちろんのこと、江南中学校赤学年が協力しあって一つにまとまることを期待しています。そして10月「江中祭(合唱コンクール)」、1月「スキー林間学校」の成功への足がかりとなってくれたら嬉しいです。そのためには、受け身の学習ではなく、率先して自分から学ぼうとする意欲を持つことが大切です。この体験から多くを学び、自分も学年も成長させていきましょう。


 農業体験に向けて     実行委員長 水野 皐太
 今日は自分が選んだコースに分かれ、指導者の方の話をよく聞き、迷惑をかけないように気を付けましょう。そして、仕事をすることの大切さ、大変さを実感し、怪我のないよう頑張りましょう。これが1年生だけでは初めての学校行事です。遊びではありません。注意されることのないようにしてください。そして、みんなが笑顔で帰宅し、保護者の人に「楽しかった」、「勉強になった」と伝えられると良いと思います。私たちの代で農業体験が最後になってしまうようなことがあってはいけません。周りの人に迷惑をかけず、自分の仕事をしっかり行いましょう。みんねで協力し、ルールを守って充実した内容の濃い1日にしましょう。

5 生徒感想
 ・バイオではどのように培養をするのかを知りました。また僕たちが食べている物も培養されていることを知り驚き
 ました。白衣を着ての講義は博士になった気分でした。(男子)
 ・飼育では、動物の命の大切さが分かった。2年しか生きていないのに、牛は出荷されてしまうことを聞いてとても
 かわいそうと思った。雄が肉になって、雌が牛乳になるそうだ。だから支所の人は「雌に生まれれば殺されずにす
 んだのにな」と言っていた。食べ物は大切にする!(女子)
 ・稲作を体験して学んだことは大変さです。昔の人はこうやっていたんだと知りました。古代米は昔お金に使われて
 いたことにもびっくりしました。古代米を食べるのが楽しみです。(女子)

6 思い出アルバム