文部科学大臣メッセージ

保護者や地域の皆様へ

 学校において、児童生徒等の学びを確保するための取組を進めることができておりますのは、保護者や地域の皆様に感染症対策の取組に御理解と御協力を賜っているからであり、心より感謝申し上げます。

 しかし、このような取組を徹底しても学校や家庭、社会において感染するリスクをゼロにすることはできません。誰もが感染する可能性があります。その上、新型コロナウイルス感染症には未だ解明されていない点があり、ワクチンも開発中であることから、この感染症に対する不安をお持ちの方が多いと思います。

 私たちは、この感染症と、この感染症がもたらした社会の変化に対して、現時点での科学的な知見や見解に基づいて、正しく向き合うことが必要です。私からは、保護者や地域の皆様に次の二点をお願いいたします。

 第一に、感染者に対する差別や偏見、誹謗中傷等を許さないということです。

 誰もが感染する可能性があるのですから、感染した児童生徒等や教職員、学校の対応を責めるのではなく、衛生管理を徹底し、更なる感染を防ぐことが大切です。

 そして、自分が差別等を行わないことだけでなく、「感染した個人や学校を特定して非難する」「感染者と同じ職場の人や、医療従事者などの家族が感染しているのではないかと疑い悪口を言う」など身の周りに差別等につながる発言や行動があったときには、それに同調せずに、「そんなことはやめよう」と声をあげていただきたい。人々の優しさはウイルスとの闘いの強い武器になります。

 感染を責める雰囲気が広がると、医療機関での受診が遅れたり、感染を隠したりすることにもつながりかねず、結局は地域での感染の拡大にもつながり得ます。その点からも差別等を防ぐことは必要なことです。

 第二に、学校における感染症対策と教育活動の両立に対する御理解と御協力です。

 感染症への対応が長期にわたることが想定される中、学校では、感染症対策を講じつつ学校教育ならではの学びを大事にしながら教育活動を進め、子供たちの健やかな学びを最大限保障するための取組を進めていただいているところです。また、大学についても、感染症対策の徹底と、対面による授業の検討も含めた学修機会の確保の両立をお願いしております。

 これからの予測困難な時代を生きていく児童生徒等や学生が、必要となる力を身に付けていくことができるよう、学校の教育活動の継続への御理解と御協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルスのみならず、感染症へ正しく対応するためには、最新の科学的な知見等を知ることが不可欠です。政府として、分かりやすい広報に努めているところですが、保護者や地域の皆様におかれても科学的な知見等を日々の生活に生かしていただきたいと思います。

                                  令和2年8月 文部科学大臣  萩生田  光一


 

9月・10月予定

9月
23(水) ハートフル学級
24(木) 新人体育大会市予選(陸上)
25(金) 第1回熊谷市中三実力テスト
29(火) 全校朝会

10月
 1(木) 新人体育大会予選会(~3日)
 5(月) 自転車点検
      午後練休養日 くまなびスクール
 6(火) 学年朝会
 9(金) ハートフル学級
12(月) 専門委員会
      午後練休養日 くまなびスクール
13(火) 生徒会朝会
15(木) 前期終業式 午後練休養日
16(金)~18日(日) 秋季休養日
19(月) 後期始業式 給食開始
      専門委員会 くまなびスクール
20(火) ハートフル学級
21(水) 体育祭
22(木) 3年GTECテスト
23(金) 熊谷市駅伝競走大会
26(月) 午後練休養日 くまなびスクール
27(火) 学年朝会 ハートフル学級
30(金) 江中祭
 
メニュー
新型コロナウイルス対応家庭学習学校紹介生徒会学校だより保健だより道徳通信ほほえみ便り給食だより献立予定表図書室だより家庭学習通信「志」栄光の記録修学旅行林間学校スキー林間農業体験学習江中祭体育祭学校研究課題家庭学習の手引きいじめ撲滅宣言新年度入学生
COUNTER730921H25.4.1~
COUNTER276448H30.4.1~
オンライン状況
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
平成26年度

スローガン
大自然の中で絆を深め成長し合おう!~完全燃笑 赤学年~  
  
1 日  程
  第1日目:平成26年7月10日(木) → 変更:平成26年7月14日(月)
       8:00 集合
       8:20 出発式
       8:30 江南グランド出発
  第2日目:平成26年7月11日(金) → 変更:平成26年7月15日(火)
      15:30 江南グランド着
      16:00 解散式
           解散

2 宿泊先 埼玉県立大滝げんきプラザ

3 校長・学年主任・実行委員長の言葉

 大滝林間学校に寄せて     校長 大河原 宏
  成長し続ける2年生のみなさん。いよいよ大滝林間学校のスタートです。学年行事としては一番大きな行事で、責任感や絆・協力性を育む絶好の機会となる行事でもあります。皆さんには、若さや元気があります。その力を糧にして、今回の林間学校でも、五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)を豊かに働かせながら生活を送ると共に、体験等を通して達成感・成就感を一つでも多く味わい、今持っている一人一人の力を向上させてください。きっと、学校生活や家庭生活の中で役立つ力が身に付くことと思います。たった二日間ですが、一人一人が自らの役割を自覚しながら、チャレンジ精神でこの林間学校に望み、学んだこと・体験したことを脳裏に記憶として残し、江南中学校のリーダーとしての自覚も培ってほしいと願っています。

 大滝林間学校に向けて     教頭 田島孝志
  ついに2年生最大の行事である、大滝林間学校がはじまります。今回の林間学校では、グループでのオリエンテーリング、野外炊事によるカレーライスづくり、間伐体験などの体験活動、そして自然の博物館の見学など、盛りだくさんの活動があります。それぞれの体験で2年生のみなさんが、どのような活動を見せてくれるのかとても楽しみにしています。さて今回の林間学校を通してみなさんに学んでほしいことを3点上げさせてもらいます。
 自然の中で豊かな心を育てましょう。
 集団生活を通して友だちの相互理解を深め、効力性を養いましょう。
 集団活動を通して自主自立の精神を育てましょう。
まさしくスローガンにある「大自然の中で、絆を深め成長し合おう!~完全燃笑 赤学年~」そのものです。1組の教室の前に、「是日々挑戦~一日前より成長した自分に~」という言葉が掲示されていますが、スローガンのもと大滝林間学校は学年にとっても、皆さん一人一人にとっても大きく成長するチャンスです。新しい成長した自分に出会うため、挑戦の2日間にしてください。

 大自然を味わい尽くそう!     学年主任 山崎千晴
  いよいよ私たち赤学年は、「自然と共に成長する」ために、荒川の源流近く、埼玉の自然が満ちあふれた秩父大滝に出発します。これまで、実行委員会を中心に多くの人たちがこの大滝林間学校のために活動しています。これらの活動は、会社や地域といった「組織」の動きと一緒です。話し合って意見をまとめ、計画を立てて準備して作り上げていく・・・それぞれが働きながら一つの目標に向かって動いているのです。当日は、これまでの準備の成果を発揮し、目標である「絆を深め成長し合える」ように、みんなで協力していこう。そして、仲間と寝食をともにし、オリエンテーリングや野外炊事、キャンプファイヤー、体験学習などさまざまな経験から熊谷では味わえないことを学びとってこよう!104人が一丸となって「完全燃笑」できるように、一人ひとりが目標=スローガン達成のために、わがままやルール違反をすることなく充実した林間学校となるよう期待しています。

 昨年よりも成長した自分に     実行委員長 恒吉夏実
  1年生の集大成として望んだスキー林間。みなさんはそこで何を学ぶことができましたか。私は準備の大切さ、我慢することの大切さなどを学びました。それをこの大滝林間学校にいかすことで本当の成長につながるのではないでしょうか。2年生となり、体育祭を経てクラスの絆も深まってきたと思います。班での協力やクラスでの団結、学年の輪を通し、昨年よりも成長した自分になれるよう1人1人が責任のある行動を心がけましょう。

4 思い出アルバム